サイト最新エントリー

日本舞踊の世界

著者の西形節子[にしがたせつこ]氏の著作は、とても多くあるようです。

日本舞踊を中心に歌舞伎にいたるまで、古典芸能への造詣はハンパではないようです。

肩書きも凄いです。

舞踊批評家協会会員。芸術祭・芸術選奨審査委員。1929年生まれ。

ようするに、と~っいてもエライおばあちゃん(怒られる?m(..)m)ということなんでしょう。

ある程度学者チックな感じがしてもしょうがないと思いながら購入したんですけど、これが実は面白い感じ。

学者チックに本当に正確な記述につとめていらっしゃる事は、ひしひしと伝わってくる文章なんですが、 なんとなくスピード感がある感じなんですよね。

・日本舞踊についての詳細な書籍。

・なおかつ手ごろに読めるもの

という条件でいくと、日本舞踊に関しての本って、今買えなくなっているものを含めても、あんあり種類がないんです。

そんな中で、この本は、その手軽な大きさといい、記述の正確さといい、さらには読みやすさといい、群を抜いているのでは、と思います。 だから七刷も発行されているんでしょうね。

安心して手元に置いておけるんです。

日本舞踊の世界 西形節子著、講談社