日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】舞台裏側 > 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-7

サイト最新エントリー

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-7

 さあ、幕が開きます。

舞台設営・最終チェックに追われていたスタッフさんたちは、いっせいに舞台上から姿を消していきます。

完全にひとりになりました。

【京鹿子娘道成寺】の世界だけが、私とともにあります。

最高のコンセントレーションで、こころとからだのバランスを整えて、その時を待ちわびます。

そしていつでも、その瞬間は、緊張に満ちています。

逃げ出したいくらいのギリギリの感覚。

「ああ、たどり着いた。やっとこの場所へ。」

「たくさんの時を越えて、やっとこの場所へ。」

 

そして、音楽とともに、緞帳[どんちょう]があがります。
日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】の開演です。


京鹿子娘道成寺1
   花の外には松ばかり 花の外には松ばかり
   暮れ染めて鐘や響くらん
   鐘に恨みは数々ござる

京鹿子娘道成寺2

幕が開き、一瞬のどよめきのあと、静寂が訪れます。

お客様の目線は、いっせいに舞台に注がれていきます。

そして、この瞬間は日本舞踊家にとって、観客と呼吸を合わせて、一体となるための、
大切な瞬間でもあるのです。

かけがいのないこのすべてが一体となるこの瞬間に、
舞踊家は、すべてをかけるのです。

 

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-6」

                      次へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-8」