サイト最新エントリー

【日本舞踊】基本構成-2

これは、日本舞踊を踊る側の人達にも同じことが言えます。

一見単調にみえる振り付けを、単調なこととして覚えていこうとすると、どんなにお師匠さんが素晴らしい方でも、 教室のお仲間が楽しい方でも、「飽き」がきてしまい、覚えられなくなってしまいます。

たとえ振り付けを覚えられたとしても、一曲を通して上演する場合、その踊りの流れ・メリハリなど、 基本的な構成を知っていて見せる演者と、そうでない人では、大きな差が出てきたりするのです。

それに、基本的な構成を繰り返し覚えて身に付けていくと、振り付けの覚えがとっても早くなるはずです。

では、古典を中心とした日本舞踊の共通要素とは、どのようなものなのでしょうか。

 

前へ【日本舞踊】 基本構成-1) | 次へ【日本舞踊】基本構成-3