サイト最新エントリー

【京鹿子娘道成寺】-【能】2

能は、その源流をたどっていくと、奈良時代にまでさかのぼる、と言われています。

奈良時代当時、「散楽」という芸能が大陸からもたらされました。
この「散楽」が、平安時代になると廃止されたことから、その役者たちが、各地に分散していきました。

分散した各地で集団を形成した役者たちは、寺社の祭礼で芸を上演し保護を受けたりして、その芸が生き延びていきました。

その頃、大陸風の名であった「散楽」にかわり、「猿楽」「申楽」[さるがく]と呼ばれるようになっていき、 滑稽味の物真似主体の芸と変化していきました。

これが時代とともに進化を遂げ、のちの「狂言」へと発展した、と言われています。

 

 

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 -【能】1

                     |  次へ  「日本舞踊 【京鹿子娘道成寺】-【能】3