サイト最新エントリー

【日本舞踊】基本構成-3

これは、大きく五つの要素から成っています。

それぞれ、

1.置(おき・オキ)

2.出端(では)

3.くどき(クドキ)

4.踊り地[おどりじ]

5.散らし(チラシ)

と呼ばれています。

先ほどから、「古典を中心とした」と言っていますのは、日本舞踊において古典とは呼ばない曲、例えば一般に「新舞踊・歌謡舞踊」 と呼ばれているものや、創作舞踊曲などにおいては、この基本的な構成があてはまらないからなのです。

そういった新しい舞踊曲は、もっと自由な構成をとることが多いものです。そのあたりは、お気をつけてご理解をお願いします。

 

前へ【日本舞踊】 基本構成-2) | 次へ【日本舞踊】基本構成-4