サイト最新エントリー

【日本舞踊】基本構成-6

2.「出端」は、ほかに単に「出[で]」とも言います。

人物・踊り手の登場を意味していますが、単純に登場だけではなく、人物・ 踊り手の登場のときの所作も含めた場面全体を言い表しています。

いわゆる「掴み」の部分といえ、その演目全体の出来までも左右しかねないほどの、大事な部分になります。

まずその演目の作品世界を観客に誤解無く、しっかりと伝えるため、その演出にさまざまな工夫が施されます。

 

 

前へ【日本舞踊】 基本構成-5) | 次へ 【日本舞踊】基本構成-7