サイト最新エントリー

白拍子[しらびょうし]

平安時代末期に起こった、

■歌舞の一種
■その歌舞を舞い歌う遊女

をさして、【白拍子】といいます。

時代的には、平安時代末期からおこり、室町時代にまで続いた、といわれています。

立烏帽子や水干、直垂に、太刀をさすという、いわゆる男装で舞うもので、鼓や、ときには笛などを用いた伴奏で舞います。

また、【白拍子】という舞は、男性・女性とも舞うものですが、男舞に秀でた遊女をさして言う場合、その遊女をさして【白拍子】 とも言い表します。

子供が舞うこともあります。

一般的にイメージしやすいと思われるのは、武蔵坊弁慶と義経が、五条橋で戦ったお話のとき、義経がしていた装束です。
その姿が、【白拍子】の姿です。

京鹿子娘道成寺以外では、浅妻船にも登場します。