サイト最新エントリー

烏帽子[えぼし]

もと、古代の圭冠[けいかん]の変化したもので、元服した男子のかぶり物のひとつです。

もともとは、平絹などで袋形を作って、薄く漆を引いて張りをもたものでした。
平安時代末期よりは、紙を、漆で固く塗り固めて作るようになりました。

貴族は平常用として用い、庶民は晴れの場合に用いたといわれています。階級・年齢などによって、 形と塗りが異なるようになったようです。

日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】では、金色の立烏帽子[たてえぼし]が用いられます。能「道成寺」 の形式を持ち込んだ形となっています。

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】烏帽子1

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】烏帽子2