サイト最新エントリー

ぶっかえり[ぶっかえり]

舞台上で行われる衣装の変化として「引き抜き」があります。

「ぶっかえり」は、その手法のひとつです。

「引き抜き」は、色々な種類がありますが、意味合い的に見ると、

「視覚上の変化を狙うもの」と「隠していた身分・正体を顕す[あらわす]とか、性格が変わり返信するもの」があります。

■視覚上の変化を狙うもの
「かぶせ」「袋かぶせ」「二枚かぶせ」などの手法があります。

■隠していた身分・正体を顕す[あらわす]とか、
 性格が変わり返信するもの
「ぶっかえり」「背われ」「袖落ち」などの手法があります。

「ぶっかえり」は、肩にある縫い目の糸を引き抜くと、上半身だけが腰を中心として、衣装が裏返しになって、 大きく性格が変わったことを示します。そのとき、裏返しになった衣装が、上下とも同じ模様になります。