サイト最新エントリー

地唄舞[じうたまい]

地唄のことを、別名では、上方唄[かみがたうた]ともいいます。
呼び方のとおり、上方で興った長唄からきています。

 

上方に興った長唄は、劇場音楽から離れるようになり、地唄[じたうた]・上方唄[かみがたうた]と呼ばれるようになりました。

しっとりとした情感をもち、芸術のかおりを与える地唄とともに舞う、上方舞を、地唄舞とも呼びます。

長唄 京鹿子娘道成寺の詞章のうち、

「鐘に恨みは~思い染めたが縁じゃえ」

までを歌詞として、その後を省略して上演されることが多いのは、地唄【鐘ヶ岬】[かねがみさき]です。

日本舞踊のなかで、道成寺物という分類に入るのかどうかは定かではありません。しっとりとした地唄舞の演目として上演される地唄 【鐘ヶ岬】を、京鹿子娘道成寺ファンとしては、見逃せませんね。