サイト最新エントリー

箏曲[そうきょく]

箏曲とは、箏を主体とする音楽を指し、現代では一般に、八橋検校[やつはしけんぎょう](1614~1685)以降のものを「箏曲」 と呼んでいます。

箏曲の古典曲目では、箏伴奏歌曲として、箏を伴奏として弾きながら、歌を唄うことが圧倒的に多いのですが、 箏独奏曲として唄のない曲目・箏の高低二重奏曲なども古くからあります。

そして、近代以降では、そういった唄なしが主流になりつつあるようです。

また、江戸時代中期以降は、三味線・胡弓や尺八などとの合奏が本格的に始まり、 現代も新しい方向へと発展性を保ち続ける日本音楽のひとつ、と言われています。