サイト最新エントリー

かぶせ[かぶせ]

「かぶせ」とは、視覚上の変化を狙った引き抜きのひとつです。

着物の袖口・袖先・腰などの様々な場所に作られた玉の仕掛けを、踊りながら引くと、かぶせてあった着物がはずれる。

帯を境に一瞬で引き抜かれると、隠れていた衣装があらわれます。

日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】では、

「都育ちは蓮葉なものじゃえ~」

の場面で、赤地の衣装がひきぬかれ、下段の写真のように変化します。

 

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】赤地の衣装
日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】赤地の衣装

 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】浅葱地の衣装
日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】引き抜いたあとの衣装