サイト最新エントリー

浅葱[あさぎ]

葱[ねぎ]の若芽にちなんだといわれている、日本の伝統的な色のひとつです。

緑味のかかった青色という感じです。

昔の絹は、素材自体に黄色味がかなり残ってしまうものだったようです。
ですから、藍染めを薄く染める事によって、自然と緑色味が残った状態となり、浅葱の色合いができあがった、ともいわれています。

関連する色名には、

■錆浅葱[さびあさぎ]
  浅葱色の、ややくすんだ浅い緑青色を言う。

■水浅葱[みずあさぎ]
   浅葱色をさらににうすく、水色がからせた色を言う。

■花浅葱[はなあさぎ]
  藍の単一染による青色の、「花色」がかった「浅葱色」というニュアンスであり、鮮やかな青色を言う。

などがあります。