サイト最新エントリー

クドキ・くどき[くどき]

「クドキ・くどき」とは、古典日本舞踊の基本的な構成でいえば、
■「起承転結」では「承」の部分にあたります。
■「序破急」でいえば「破」の前半部分にあたります。

ですから、演目の物語が展開したり、転機となったりしますので、その曲の中心部分にあたります。
しっとりとした踊りの進行なかに、「物語の発展が静かに語られる」そんなイメージでとらえていただくと、分かりやすいかもしれません。

また、クドキは、「口説[くぜつ]」から来ているといわれていて、文字通り相手を口説くことになります。

ただし、日本舞踊の場合は、女形芸術として作り上げられてきた伝統から、女性が男性を口説くことが圧倒的に多いのです。