サイト最新エントリー

手踊り[ておどり]

日本舞踊の中では、曲中それまでのストーリーの進行とは離れて、道具を使用しないで踊る部分をさしていいます。

主には、歌舞伎舞踊に多いものです。

日本舞踊の構成の中で言えば、古典を構成する基本部分のなかで、「踊り地」 などの場面があてはまる、考えてよいと思います。

また、単純に「手だけで踊る」という風にも解釈できる言葉ですので、例えば「盆踊り」などにも使用される言葉です。
もちろんその場合は、日本舞踊でいう「手踊り」とは、少々意味合いが異なります。

※「踊り地」の解説は、 こちらで、 参照ください。