サイト最新エントリー

【京鹿子娘道成寺】-【能】1

【能】が【能】と呼ばれるようになったのは、明治期のことのようです。

中世以来、歴史的には、猿楽・申楽・猿(申)楽の能などなどの名称で呼ばれてきたのです。

まず、【能】と読んだ場合、

・広義では【能楽】と同義とされ、

・狭義では、式三番および能をさす、

といわれてます。

 

【能楽】と言う場合には、

■式三番

■能

■狂言(本狂言)

の三種類を総称するようです。

いずれも、伝統的な演劇であって、能楽師・狂言師によて、演じられるものです。

そして、現代では、ユネスコによって伝統芸能に認定されているのです。

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 -【能】0

                     |  次へ 「日本舞踊 【京鹿子娘道成寺】- 【能】2