サイト最新エントリー

能【道成寺】のストーリー2

目の前に突然おこった事件に、人々は皆驚愕します。

すると、人々の前で、住僧は、女人禁制の原因となった物語、道成寺縁起の話をはじめるのです。

それは、

   真砂の庄司のひとり娘は、親が戯れに言ったことばを

  信じ、熊野詣の僧を、自分の定まった夫と信じてしまった

  のです。

   熊野詣の僧のひとりを定まった夫と信じてしまった娘は、

  この僧を必死にかき口説きます。

   一方、口説かれた僧は驚いて逃げ出し、道成寺の鐘の中

  に隠れてしまうのです。

   あとを追ってきた娘は、毒蛇に化身して日高川を渡りきり、

  道成寺の鐘の七巻で巻きつき、炎を発して、鐘もろともに

  僧を焼き溶かしてしまったのでした。

女の恋の執念の恐ろしさを語る物語でした。

 

前へ  「能 【道成寺】のストーリー1」 | 次へ  「能 【道成寺】のストーリー3