日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】「能」とは? > 【京鹿子娘道成寺】-【観阿弥・世阿弥】

サイト最新エントリー

【京鹿子娘道成寺】-【観阿弥・世阿弥】

観阿弥が世に認められたのは、12歳の頃だったと言われています。

京都での演能で認められて将軍の寵愛をうけることとなり、絶大な支援を得た事で、「能」 をよりいっそう芸術性の高い芸能へと高めていきました。

観阿弥の能は「幽玄」を理想とする父を受け継いだものでした。

また、世阿弥は「夢幻能」というスタイルを確立して、多くの作品を残しました。

観阿弥・世阿弥によって、その芸術性が確立された「能・能楽」は、現代にまで続く芸能となり、その舞台は、 今なお多くの人々を魅了し続けているのです。

 

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 -【能】3

                     | 次へ  「能 【道成寺】のストーリー1