日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】歌詞紹介 > 日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】歌詞-6

サイト最新エントリー

日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】歌詞-6

ただ頼め
氏神様が可愛がらしやんす
出雲の神様と約束あれば
つい新枕[にいまくら]
廓[さと]に恋すれば浮世じやえ

深い仲じやと
言い立てて
こちゃこちゃこちゃよい首尾で
憎てらしい程いとしらし

花に心を深見草
園に色よく
咲初めて紅をさすが品よくなりよく
ああ姿優しやしおらしや
さっさそうじゃいな
そうじゃいな

 

 

前へ  「日本舞踊 長唄 【京鹿子娘道成寺】歌詞-5

                    次へ  「日本舞踊 長唄 【京鹿子娘道成寺】歌詞-7