日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】舞台裏側 > 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-3

サイト最新エントリー

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-3

次に訪れるのは、着付けの時間。

相当に、自分の中では、雰囲気に入っていく時間帯です。

でも、見た目は、まだまだこんな感じです。

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】000-2

鬘[かつら]を未装着ですので、これもまたまた見栄えの悪い写真で、とっても恐縮です。

ただ、この段階で舞踊家としての自分は、実際の衣装の重みを体で受ける事で、この日の体調や、その瞬間の自分のコンセントレーション [集中状態]具合、今日の舞台に向けての今の心理状態などなど、色々な事を確認する事ができる瞬間でもあるので、 あえて取りあげさせていただきました。

ただ、この段階で役にかなり入り込みはじめてはいますし、自分の体や精神との内的会話を頻繁に交わしてはいますが、決して、 スタッフの皆さまや、楽屋裏を訪れていただけるお客様と、一切口をきかないわけではありません。

むしろ、自分の緊張状態の高まりとは裏腹に、周りの皆さまとの会話を楽しもうとさえする段階であったりもします。

自分の内的会話と、周囲の皆さまとの会話とを、どのように成立させてるのかというのは、一言では説明し切れませんが、 そんな一見矛盾しているかのような、「波間に漂うような感じ」の精神状態にあるのです。

 

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-2」

                      次へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-4」