日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】舞台裏側 > 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-8

サイト最新エントリー

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-8

何とか出だしを乗り切って、お客様とのコラボレーションを楽しんでいる間もなく、最大の難所ともいえる「クドキ」の場面となります。

このあたりまでは、本当に一瞬の出来事のようです。

 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】000-4
   恋の手習つい見習いて
   誰れに見しょとて
   紅鉄漿つけよぞ
   みんな主への心中立て
   おお嬉し
   おお嬉し

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】32

少しだけ落ち着きながら、お客様の呼吸を感じながら、舞台は進んでいきます。

ほんのひと間の油断が、舞台を台無しにしてしまう事もあります。

この舞台に、まるで蜘蛛の巣のようにはりめぐらされた時空間の絶妙な間合いに、舞踊家のひと呼吸を、最後の味付けとして、加えながら、 全体を調和させる。そのことだけに集中して、日本舞踊の深遠な世界に身を沈めていきます。

 

 

前へ  「日本舞踊 【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-7」

                      次へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-9」