日本舞踊【京鹿子娘道成寺】 TOP 【京鹿子娘道成寺】舞台裏側 > 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-10

サイト最新エントリー

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-10

そして、日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】が向かう先は、鈴太鼓を巧みに操りながら、 鐘への怨念の高みに登りつめていきクライマックスへと向かう、最後の瞬間。

日本舞踊【京鹿子娘道成寺】41
   ああ姿優し やしおらしや
   さっさそうじゃいな
   そうじゃいな
 日本舞踊【京鹿子娘道成寺】42
   皐月五月雨
   早乙女早乙女
   田植唄田植唄
   裾や袂を濡らした
   さっさ

急なテンポで踊りつめ、京鹿子娘道成寺の世界のクライマックスへと向かいます。

これまで踊り重ねてきた空間が、一気に朱色に染まっていくかのようなイメージで踊り詰めていきます。

舞踊家としての体力は、これまでの緊張感から、疲れがピークを迎えている瞬間でもありますが、これを振り払うかのような踊りを重ねて、 最高の瞬間へと向かって、ダッシュしていきます。

 

 

前へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-9」

                      次へ  「日本舞踊【京鹿子娘道成寺】舞台の裏側-11」